野菜・果物食べてる?健康でキレイになるための一番簡単でおいしい習慣!

野菜・果物食べてる?健康でキレイになるための一番簡単でおいしい習慣!

こんにちは。よぎふるです。

あなたは野菜と果物は好きですか?毎日たくさん食べていますか?

「毎日いろいろ食べたいものがあって野菜や果物ばかりなんて食べられない!肉は3食必要だけど!」

「果物ってデザートでしょ?それに皮むくのめんどくさいし・・・。」

いやぁ、もったいないです。

我々の身近にある野菜と果物が

健康と美容を維持するために最もお手軽な食材であるのにそんなに蔑ろにされてしまうなんて・・・。

日々、野菜中心の食生活を送っている私が実感している野菜・果物のいいところをご紹介します。

 

野菜の1日の摂取目標「350g」



 

厚生労働省が提唱する健康づくりの指標『健康21』では、野菜の1日あたりの摂取目標を「350g」としています。

しかし、実際日本人の成人が摂取している量の平均は292gです。

カリウム、食物繊維、抗酸化ビタミンなどの摂取は、循環器疾患やがんの予防に効果的に働くと考えられているが、特定の成分を強化した食品に依存するのではなく、基本的には通常の食事として摂取することが望ましい。これらの摂取量と食品摂取量との関連を分析すると、野菜の摂取が寄与する割合が高く、平成9年で成人の野菜の1日あたりの平均摂取量は292gであるが、前述の栄養素の適量摂取には、野菜350~400gの摂取が必要と推定されることから、平均350g以上を目標とする。

引用:厚生労働省 健康日本21(栄養・食生活)

 

現状よりも50g~100g多く野菜を食べるとより健康を維持できるということですね。

⇒【お一人様1回・1セット限り】 初めましてのごあいさつ♪ お試し野菜セット

 

果実の1日の摂取目標「200g」

 

 

果物については農林水産省で「毎日くだもの200グラム運動」として提唱しています。

果実は、ビタミン、ミネラル等の重要な供給源であり、健康な食生活を送る上で重要な位置づけとなっており、
厚生労働省が推進する健康作り運動「健康日本21」では、健康増進の観点から1日200g以上の果実を食べる
ことを目標にしています。

引用:果実の1日の摂取目標「200g」-農林水産省

果物の摂取量は年々減り続けていて現在は100gほどです。また、全く食べない若い男性も多いそうです。



 

日本人の2倍以上の野菜を食べている人達

野菜350g・果物200gという摂取目標があるわけですが、現在の日本人はいずれも達成できていません。

「達成できないということはハードルが高いのでは?」

と思ってしまいますが、世界を見るとこれらの目標値は決して高いものではないことがわかります。

 

参考:一般社団法人 ファイブ・ア・デイ協会 1日1人当たり野菜供給量の国際比較(2007年)

 

ポーランドやアメリカは日本の目標値とほぼ同じくらいを摂取しています。

アメリカの料理で野菜??って思ってしまうのですが、

アメリカはローフードやグリーンスムージー、コールドプレスジュースの発祥の地となっていて、

美容と健康に敏感なセレブやモデルたちが文化を広めています。

そのような影響もあってか、アメリカでは若年層(30代)の方が健康意識が高く野菜の摂取量も多いそうです。

日本人とは逆ですね。

 

さらにお隣の国を見ると、韓国が日本の2倍の585g・中国では2.6倍の767gも野菜を食べています。

食事のほとんどが野菜にならないとこのような数値は出てこないと思います。

中国並みに食べるとなると1食あたり250g以上!それだけでお腹いっぱいです・・・。

韓国料理や中華料理は普段の生活でもおなじみなので参考にしたいですよね。

⇒【お一人様1回・1セット限り】 初めましてのごあいさつ♪ お試し野菜セット

どうやったらそんなに野菜食べられるの?

私自身が「野菜中心の食生活をしています」と言うと、

「サラダばっかり食べているの?」 と返されることがあります。

「野菜=サラダ」のようなイメージが多くの人にはあるのでしょう。

デリにあるようなたくさんの種類の野菜が入っているボリュームのあるサラダは食べますが、

「トマト・レタス・きゅうり」のシンプルなものでは寂しすぎますし、量も栄養も十分にとれません。

韓国料理や中華料理に比べて我々が普段食べているメニューには、入っている野菜の種類と量が少ないのではないかと思います。

 

 

中華料理の酢豚

 

例えば中華料理の「酢豚」ですが、肉料理なのに野菜の種類の方が多いですよね

たまねぎ・にんじん・たけのこ・しいたけ・ピーマン など。

それなのに肉料理なんて・・。

チンジャオロースやホイコーロー、八宝菜などおなじみのメニューには野菜がたくさんです。

 

韓国焼肉 サムギョプサル

 

また、韓国料理といえば「焼肉」がありますが、実際現地で食べる焼肉にはたくさんの「生野菜」がついてくるんですよね。

エゴマやサンチュの上にお肉やキムチをのせて巻いて食べるんですが、これも肉料理なのに野菜の方が多いのです。

チヂミにもニラやにんじん、たまねぎなどが入っていますし、こちらも料理一品の中に含まれている野菜の種類と量が豊富なのですね。

ビビンパなんてがっつりな「野菜ごはん」です。お肉が入ってなくても十分に満足できます。

 

そういうことから考えると、「野菜料理を一品足す」よりも

ひとつの料理にたくさんの野菜を使うことで無理なく摂取できる のではないでしょうか。

普段の食事ならカレーやシチューを作るときにはじゃがいも・にんじん・たまねぎ の定番だけでなく

ブロッコリー、パプリカ、芽キャベツ、きのこ類

などを入れれば、よりおいしくもなるし栄養も豊富になります。

お味噌汁も具だくさんにすれば、他の野菜料理一品を考えて作るより簡単です。

 

また、果物は消化が早いため 朝食べる のが良いとされています。

甘い果物は太ると思われているようですが、果物に含まれている果糖はお菓子に含まれている砂糖よりも血糖値が上昇しません。

おやつにお菓子を罪悪感を持ちながら食べるんだったら、朝思いっきり食物繊維の豊富な果物を食べたほうがよっぽど身体にいいですよ。

⇒【お一人様1回・1セット限り】 初めましてのごあいさつ♪ お試し野菜セット

まとめ 野菜・果物おいしく食べて健康でキレイに!




現在の自分を肉食を続けていた場合と比較することはできませんが、幸い健康状態に問題はなくお肌のトラブルもありません。

「自分の身体は自分が食べた物でできている」

の言葉どおり、健康的な食事ができていれば身体はそのようになります。

どうして太るのかわからない

どうも体調がすぐれない

という場合は食事にも問題があるはずです。

摂取することと排泄することがきちんとできると健康とキレイが保たれます。

その循環を促してくれるのが野菜と果物なのです。

めんどうくさいとか言って食べないでいると損ですよ!

 



では、ごきげんよう。(^_^)/~

 

 

ベジタリアンライフカテゴリの最新記事