キャリアオイル活用法 ー お肌と髪のお手入れに超便利!

キャリアオイル活用法 ー お肌と髪のお手入れに超便利!

市販の基礎化粧品にはいろいろな種類があって全部を使いこなすのは大変です。

しかし、アロマテラピーで使われるキャリアオイルがお肌や髪のお手入れを簡単・便利にしてくれるのをご存知ですか。

今回はキャリアオイルのいろいろな活用法をご紹介します。

 

私よぎふるはドクダミなど手作りの化粧水を愛用しここ10年以上は市販品を使っていません。

生や乾燥のハーブをアルコールに漬けた液を薄めて使っています。

化粧水後は乳液も使っていません。

その代わり、アロマテラピーで使われるキャリアオイルを乳液代わりにしています。

「手作り化粧水+キャリアオイル」の超簡単なお手入れで今まで特にトラブルもなく過ごしてきました。

自分ではよくわかりませんが、この年齢(アラフィフ)でも

「色白いね」

「肌きれいね」

と言ってもらえることもあるので、それなりに効果があるのかなと思っています。

世の中には効果も価格もいろいろな基礎化粧品がありますが、めんどくさがり屋の私が行き着いたコスパの高い方法です。

 

キャリアオイルとは

 

 

キャリアオイルはアロマテラピーで精油(エッセンシャルオイル)を希釈する植物油のことです。

代表的なものとしては

  • ホホバオイル
  • アルガンオイル
  • ローズヒップオイル
  • オリーブオイル
  • アプリコットカーネルオイル(あんず油)
  • 椿油
  • ごま油             

などがあります。

※食用でもおなじみの名前がありますが、肌や髪に使う場合は「美容専用」になります。

キャリアオイルとしてはアロマテラピー専門店で入手できますし、美容専用ならドラッグストアでも購入できます。

 

キャリアオイルを「美容オイル」として使う

 

 

キャリアオイルは100%天然の植物油です。さまざまな種類があり、ビタミンや必須脂肪酸などの栄養も豊富です。

精油を混ぜなくてもそのままで美容オイルとして使用することができます。

 

オイルの種類 肌質 効果・特徴
アプリコットカーネル
オイル
どの肌質でもOK 肌を軟化させしなやかさやハリを保つ
アボカドオイル 乾燥肌・硬くなった角質 保湿力に優れ足裏・かかと・ひじなどを軟化させる
アルガンオイル 乾燥肌 肌細胞を活性化 ブースターオイル向き
オリーブオイル 乾燥肌・老化肌 乾燥肌を保護・しわやしみの予防 冬場の低温で固まる
椿油 乾燥肌・敏感肌 保湿・紫外線防止
ごま油 乾燥肌 老化防止・血流促進
焙煎せず生ゴマを搾った太白油を使う
ホホバオイル どの肌質でもOK 肌の炎症、ニキビ、脂性肌、老化肌によい
低温で固まる
ローズヒップオイル 乾燥肌・老化肌 美白効果・抗炎症作用・皮膚の再生・しわや老化を防ぐ
酸化しやすい・独特の匂い

 

キャリアオイルと「手作り化粧水」を合わせて

 

 

手作り化粧水は市販品と比べてとろみもなく、お肌への浸透感が低いです。

またアルコール(ホワイトリカーや無水エタノール)が入っているので化粧水のみだとつっぱる感じもあります。

 

< 洗顔後すぐに数滴を顔に塗りブースターオイルとして >

洗顔後のブースターオイルとしてキャリアオイルを数滴(2~3滴)お肌に塗りこみます。

顔だけでなく首まで塗るのがおすすめです。数滴のオイルなのでベタつくことはありません。

その後たっぷりの手作り化粧水を使えば、どんどんお肌に浸透していくのがわかります。

 

< フェイシャルマッサージに >

化粧水でたっぷり水分を補給した後、今度は少し多めのオイル(~10滴)を顔に伸ばしながらマッサージをします。

このときオイルが多すぎでもマッサージしているうちにお肌に浸透してしまうので大丈夫です。

手にも塗りこんでしまえば、ハンドクリームの代わりになります。

更に手のひらで顔全体や首を覆って温めるとさらに浸透が良くなります。

顔や首の体温と手のひらの体温が循環するような感じがしてとても気持ちがいいのです。

特に入浴後に行うと顔が温まってリラックスします。

 

私はこのようにして手作り化粧水とキャリアオイルを組み合わせて使っているので、市販品の化粧水・乳液は必要なくなってしまいました。

 

キャリアオイル +「精油」で効果倍増

 

 

もともとキャリアオイルは精油(エッセンシャルオイル)を希釈するために用います。

精油とは植物の香り成分から抽出した天然の液体(芳香物質)です。

植物の濃縮されたエッセンスであるので、キャリアオイルに1滴加えただけでも香りと効果が得られます。

 

< おすすめの精油 >

  • ラベンダー : 抗菌・消炎作用があり皮膚細胞を活性化
  • ローズマリー : 肌を引き締める収れん作用、ニキビ・吹き出物を防ぐ
  • ローズゼラニウム : しわ・しみの予防、皮膚の若返り

 

キャリアオイルは「お肌だけでなく髪にも」

 

 

キャリアオイルはお肌だけでなく、ヘアオイルとしても重宝します。

髪の毛に良いオイルとしては椿油やあんず油(アプリコットカーネルオイル)が有名です。

私も以前は肌用と髪の毛用とオイルを使い分けていましたが、最近は共用で使っています。(どこまでめんどくさいのでしょう・・・)

 

オイルの種類 効果・特徴
アプリコットカーネル
オイル
頭皮・髪のパサつきに
アルガンオイル 頭皮ケア 傷んだ髪のトリートメント
オリーブオイル 頭皮・髪のパサつきに
椿油 育毛効果、ふけ・かゆみ・抜け毛・白髪などの予防
ホホバオイル 日差しと乾燥から髪を守る 育毛効果

 

シャンプー前に頭皮をオイルマッサージ

洗う前の乾いた髪にオイルをつけて頭皮をマッサージをします。

蒸しタオルやシャワーキャップで頭を覆って入浴すればその間にしっかり浸透します。

その後オイルを洗い流し、普通にシャンプーで洗います。

オイルで髪の毛がしっとりしているので、リンス・コンディショナーは通常より少なめで充分です。

毎日行う必要はなく、週2回が目安です。

 

ヘアオイル

髪の毛を乾かす前に少量のオイルをつけてからドライヤーをかけます。

つけすぎると「しっとり」を通り越して「べったり」になってしまうので使いすぎには注意です。

 

まとめ

手作り化粧水もキャリアオイルも防腐剤や添加物が入っていないので安心して使えます。

また精油を加えることにより効果が上がるだけでなく良い香りによって気分が高揚しストレスも解消されます。

毎日のことなのでお手ごろ価格でたっぷり使えるほうがいいですよね。

天然の植物の力を手軽に感じられますよ。

 

では、ごきげんよう。(^_^)/~

 

アロマテラピーカテゴリの最新記事