ご縁がなかった?Google アドセンス諦めました!!

ご縁がなかった?Google アドセンス諦めました!!

ブログを始めた人の大半が申請して利用している「Google AdSense」。ブログの収益化のツールとしては欠かせませんよね。

しかし、昨今この審査が厳しくなっていて合格するのも一苦労です。

私も20記事を超えた頃に申請を始めましたが7回不合格になった今、諦めることにしました。

7回の不合格で諦めてしまうのは早いような気もしますが、今の時点では万策尽きた感があり他にやるべきことがあるのではないのかという思いもあることから申請をひとまず辞めることにしました。

 

不承認の理由

 

グーグルアドセンスの申請が不承認になったときはその理由の詳細が明らかになりませんが、私の場合7回とも以下のようなお知らせが来ていました。

AdSense のプログラム ポリシーに記載されているとおり、ユーザーにとって価値がほとんどないページやアプリ、または広告の比率が高すぎるページやアプリには Google 広告が表示されません。これには、第三者が提供するコンテンツに付加価値を付けずに、コンテンツをコピーまたはリライトしたページやアプリが含まれます。詳しくは、Google のウェブマスター向けの品質に関するガイドラインで、付加価値がほとんどなく、内容が薄いコンテンツに関する記事をご覧ください。

「お申し込みが不承認となった理由」より

 

初心者にいきなりこんなお知らせが来てもさっぱり意味がわかりません。

早速「アドセンス 不合格 理由」などで調べて対策を施すことになりました。

 

  1. 独自ドメインの取得 ⇒ WordPressで始めたから問題なし
  2. コンテンツポリシーに違反しない ⇒ OK
  3. Google サーチコンソール の登録
  4. Googleアナリティクスの設定
  5. 記事数・文字数 ⇒ 20記事前後 1800~3500文字くらい
  6. コピペ記事の確認 ⇒ 他サイトからの引用がある記事は非公開
  7. プロフィール・お問い合わせページ・プライバシーポリシーの設置
  8. カテゴリーの整理 ⇒ カテゴリーが細分化していたのを3つにまとめる
  9. YMYLの記事を非公開 ⇒ 「腰痛体験」非公開
  10. 存在しないページ(404エラー)⇒ インデックスされないように “no index” の指定
  11. クロールエラーの修正 ⇒ 66あったエラーを0に修正
  12. 更新頻度 ⇒ 相変わらずの遅筆で頻度上がらず。むしろ対策していてさらに更新頻度が減る
  13. オリジナル画像 ⇒ ほとんどがフリー画像。アイキャッチ画像は加工している。

 

合格のポイントとして多くの人が挙げている項目を対策してみましたが、結局は承認されませんでした。

「更新頻度」と「オリジナル画像」の2点が最後まで改善できませんでしたが、これが不合格の最大原因とは思えません。

 

申請のために対策することはブログの質が上がる

 

 

アドセンスに承認されないとさまざまな対策を施すようになります。

Googleが評価するのは「質の高いコンテンツ」。アドセンスやるやらないに関わらず記事の質を高めていかないと相手にしてもらえません。検索しても表示されてきません。

今回、アドセンス不承認を受けてプログラムポリシーや品質に対するガイドラインを何度も読むことで、ブログ運営に対する考え方が全く変わりました。

「自己救済のために自分の経験や考えを発信していく」なんてお気楽に考えてブログに取り組み始めましたが、Webの世界はもっとユーザーのお役に立つ内容の濃い充実した情報を求めていることを学びました。

アドセンスに対しても、「ブログに来てくれた人が広告をポチッとしてくれればお金になるんでしょ?」と簡単に収益化できるプログラムなのかと思っていましたが、質の高い記事を提供できるからこそ読者が集まり結果として収益化できるということであれば、他の労働同様簡単に稼げる話ではありません。

私の不承認の理由は「付加価値がほとんどなく、内容が薄いコンテンツ」でした。

ブログの体裁を整えたり、審査に通りにくそうな記事を非表示にしたりと巷で言われている対策で申請を繰り返してきましたが、Googleが求めている「質の高いコンテンツ」とはそのような表向きなことだけではないのでしょう。

「ユーザーに利益を与えられる情報豊富な記事」を重要視しているのであれば、私のブログではまだまだ承認されるレベルではありません。「質の高いコンテンツ」作りには手間と時間がかかります。

「1記事で一発合格!」とか「1ヶ月のブログ運営で見事合格!」なんていう記事を読むと素直にすごいなぁと尊敬しますが、万が一私がそんなことになってしまったら現在のようには勉強できなかったと思います。

初心者は不承認になる度に課題が見つかるし、申請をする度にブログの質が上がっていきます。

 

YMYLの記事を諦めたくない

 

 

今回、グーグルアドセンスの申請を諦めようと思った最大の理由が、「腰痛体験」ネタを諦めたくなかったからです。

アドセンスの申請では「YMYLの記事は承認されにくい」と言われています。

 

YMYLとは

「Your Money or Your Life」の略で、Googleが検索の評価基準をまとめた 「検索品質評価ガイドライン」の項目の一つで、将来の幸福、健康、または財務の安定性に影響を与える可能性があるページのことを指します。

 

「腰痛」は完全にYMYLに該当します。YMYLの記事は「専門性・権威性・信頼性」が高くないと評価されず、私のような一般人の「腰の痛い話」はGoogle的には全く価値がありません。その証拠にいろんなキーワードで検索を試しても表示されません。

私の人生にとって「腰痛」はなくてはならない「ある」です。ブログを始めるときに腰痛体験は必ずシェアしたいと思っていました。「腰痛」がYMYLに該当すると知ったのはアドセンス申請するための勉強を始めたときでした。

申請をするために「腰痛体験」のカテゴリーは全て非表示にしました。結果としては承認されなかったので原因はこれだけではないのですが・・・。

素人の書いたGoogle的に価値のない記事に対して広告を載せたくないというのは理解できます。しかし、「専門性・権威性・信頼性」のある「腰痛記事」だけがユーザーを満足させられるのかどうかは疑問です。

私自身が腰痛で困っているときに検索するとしたら、医療関係のよく似た内容の記事を読むだけでは納得できません。実際に私と同じような痛みを経験した人がどのように過ごしたかというのが気になるのです。

世の中に何人いるかわかりませんが、これからも「腰痛体験」の記事を読みたい人のために書きたいと思いました。

 

アドセンス諦めた人って他にいないの?

 

 

この度グーグルアドセンスの申請を諦めるにあたり、他にそういう人がいないかを調べてみました。が、アドセンス不合格で諦めちゃった人ってあまり出てこないのです。「何回も不合格になったけど最終的には合格しました!」みたいな話ばかりで参考になりませんでした。

検索に引っかかってこないと存在していないような感じになりますが、本当にいないのですかね。

今の私が調べたいことは「アドセンスをやらずにブログで収益を上げている人」の体験談です。

「アドセンス合格のコツ」を検索するよりもはるかに満足する情報が少なくなります。

今後私自身が試行錯誤しながらアドセンスに頼らずにブログで収益を上げられるようになってそれを記事にしたら検索上位に表示されるのかもしれません。

 

まとめ ご縁がありませんでした!

 

 

グーグルアドセンスとはご縁がなかったようです。

しかし、承認を目指していろいろと対策することでそれ以前とは比べ物にならないくらい知識を身につけることができました。そして自分のブログの質を上げていくには勉強しなくてはならないことが山ほどあることも痛感しました。

普段の生活においても「何の問題もなく物事が運ぶ場合」と「どんなにがんばっても進んでいかない場合」とがあります。

今回のグーグルアドセンス申請は後者の「どんなにがんばっても進んでいかない」になってしまいそうだったので、早めに方向転換することにしました。他にやることがあると判断しました。

私の場合「ブログの収益化」よりも先ずやらなければならないことが「質の高い記事」を書くことです。「質の高い記事」が書けて読者に認められれば「ブログの収益化」なんて今ほど苦労しないかもしれません。

いつかまた申請にチャレンジすることがあるかもしれませんが、それまでにこのブログをきっちり育てます。

 

では、ごきげんよう♪

 

 

 

初心者ブログ奮闘記カテゴリの最新記事