試してみて!運を良くする方法 6つ

試してみて!運を良くする方法 6つ

こんにちは。よぎふるです。

人生には「運の良いときと悪いとき」があります。

ずーっと運が悪い状態や良い状態が続く事はないのですが、できれば良い状態で浮き沈みが少ない方がいいですよね。

私は運の良し悪しは自分である程度コントロールできるものだと思っています。

行き当たりばったりで生きていくよりも少しの工夫で毎日がご機嫌に過ごせればお得です。

世の中にはさまざまな開運方法がありますが、私が日々心がけている事をご紹介します。

 

早起きをする

 

「早起きは三文の徳」と言うように早起きは開運アクションのひとつです。

私は毎朝3時に起床していますが、「運気を上げるため」というのは意識しています。

  1. 朝ギリギリまで寝ていてる
  2. バタバタしながら1日をスタート
  3. 落ち着いて行動を起こせないからタイミングが合わずイライラ
  4. 余計な仕事が増えて帰る頃にはヘトヘト

こんな生活に良い運がめぐってくるとは思えません。

世界でも有名な成功者には早起きの人が多くいます。

いきなり成功者にはなれませんが、早起きならば明日からでもできます。

 

食を慎む

江戸時代中期の観相学の大家である水野南北は

「飲食をつつしむことによって開運する」と提唱しています。

食事の量や質のコントロールが運勢や寿命に影響を与えるのです。

南北自身は幼少の頃から恵まれない環境に育ち、悪事の限りを尽くして18歳頃牢屋に入れられてしまいます。

その牢内で人の人相と運命に相関関係があることに気がつきます。

出牢後人相見から「死相が出ている。」と言われた南北。

その運命から逃れるために禅寺への出家を願い出ましたが住職より、

「1年間、大豆と麦のみで生活できたら弟子にする」と言われそれを実践しました。

1年後再び禅寺を訪れたときには死相はすっかり消え、運勢も改善したということです。

実際、食べ過ぎればお腹ももたれて気分がすぐれないし、太ってしまってそれが悩みの種になる事もあります。

好きな物を好きなだけ食べていれば病気の原因にもなってしまいます。

なんでも食べられる幸せな時代なのに、食をコントロールできずに運が下がってしまっては悲しすぎます。

 

不平不満・愚痴・悪口を言わない

 

 

不平不満・愚痴・悪口・陰口・文句。どれも聞かされたらいい気分はしません。

言っている方はスッキリするかもしれませんが、周囲の人を悪い気分にさせていることを考えると

あまりいいストレス解消にはなりません。

それに文句を言ったところで現状が良くなるわけではないのです。

現状に不満があって言っているのであればひとつでも解決策を見つけて実行したほうが建設的です。

本人は自覚しているのかどうかわかりませんが、朝から一日中ネガティブなことを言っている人がいます。

聞かされるとつい反論したくなる事もありますが、そんな彼らは決して幸せではないのです。

不運な人達に同調する必要はないので、不平不満・愚痴・悪口は言いたくありません。

 

陰徳を積む・小さな親切をする

 

陰徳とは誰も見ていないところで善い行いをする事です。

善い行いと言うと大そうな事をしなくてはと身構えてしまいますが、靴を揃えたり、ごみを拾ったり、席を譲ったりと小さな親切の積み重ねで構いません。

小さなことなのですが、やり慣れていないとなかなかできないものです。

例えば道端にごみが落ちているのに気がついても、それをさっとゴミ箱に捨てる事って抵抗があります。

できない自分にもやもやします。

こういうことが苦もなくできるようになると気分も晴れやかになり前向きに行動できるようになります。

 

勉強・読書をする

 

 

人は未知のものに恐怖を抱きます。恐怖によって行動が制限されます。

常にいろいろな事に好奇心を持ちながら勉強・読書をしていると、新しい事を恐れる必要がなくなります。

興味のあることが増えるので益々知りたくなり勉強をします。

それと共に行動範囲が広がりさまざまなチャンスに遭遇する事になります。

「学校を卒業してまで勉強するなんて」て思っている人はかわいそうです。

一生かけて勉強すれば一生かけて運が開けます。

 

ご機嫌になる

 

 

常に気分が良い方を選ぶようにして機嫌よく過ごせるようにしています。

以前は自分の機嫌が悪くなってしまうのは他人の言動や外側の現実のせいだと思ってました。

しかし、同じ現実を体験しても機嫌の悪くならない人がいる。

自分の機嫌の良し悪しは自分で選択することができるのです。

「自分の機嫌は自分でとる」

小さなことでいいから自分の好きな物を選び、好きな事をする。

常にいい気分・ご機嫌でいればそれに相応しい現実がやってきます。

 

まとめ

私たちに与えられている時間は1日24時間で平等です。

それなのに人生はさまざまに展開していきます。順調に楽しく生きている人、何をやってもうまくいかない人。

「開運なんて怪しい」

「そんなの効果あるのかね?」

それで、人生が順調であればいいのですが私はそうではありません。

興味があって続けられそうな事を選んで実践しています。

  1. 早起きする
  2. 食を慎む
  3. 不平不満・愚痴・悪口を言わない
  4. 陰徳を積む・小さな親切をする
  5. 勉強・読書をする
  6. ご機嫌になる

なかなかちゃんとはできませんが、お蔭様で毎日平穏に暮らしています。

本当にこれらの行動で運が上がっているのか?と問われれば何とも言えません・・・。

しかし、全く逆の行動

  • 惰眠を貪る
  • 暴飲暴食
  • 不平不満・愚痴・悪口のオンパレード
  • 親切?めんどくさい
  • 勉強・読書ありえない
  • いちいち機嫌よくなんてできない

のような生活を続ける事は恐ろしくてできません。

 

これからもより満足度の高い生活が送れるように、いろいろな開運アクションを見つけて試してみたいと思います。

 

では、ごきげんよう (^_^)/~

あるを尽くすカテゴリの最新記事